最新情報更新日:2021年01月28日

一般公開物件数 0 会員公開物件数 0

  • ファースト不動産販売株式会社のご案内
  • 不動産買取査定
  • 無料の会員登録であなたの物件探しをサポート
  • タウンインフォ
  • 年収で物件検索
  • お客様の声

ニュース&トピックス

<< 2021年7月 >>
1
6
7
8
10
11
14
15
16
19
20
21
22
23
27
28
29
30
31

記事カテゴリー

前の記事 2021-6-12の記事  次の記事

1/1ページ 

2021-06-12 09:21:02

おはようございます!

ファースト不動産販売の安田です。

昨日新しい名刺が完成しました。

表面は今まで通りの名刺なのですが、裏面をLashiku・Belleの名刺にしました。

役職は「雑用」とさせて頂きました!!

ホームページのコメントも雑用「らしく」謙虚な気持を忘れない文言にさせて頂きました(笑)

3日後、求人スタートします。

もし美容師の方でこのページをご覧いただいている方がいらっしゃいましたら、

求人サイト「リクエストQJ」を是非ご覧下さいませ。

完全週休二日制、年間休日114日、社保完備、固定給289,000円~(スタイリスト)

知り合いの美容師結構いるのですが、かなりいい優遇だねって言われます!

今日は練習の様子をアップしますね!

いつも最近ブログのPVが高いのはもしかしたら、かわいいモデルさんが乗ってるからだよ!って

社員が言っていたので、今日はメンズを掲載します。

取引先の不動産会社の営業さんに来てもらいました。

ちょうど、結婚式に呼ばれていた日だそうで、綺麗になって良かったです!

もう完全に美容室です。本当に造ってしまったって改めて思う瞬間です。

掲載許可を頂きましたので後ろ姿のみ掲載します、が

本当にやらかしてしまいました・・・

beforeを撮影し忘れるという失態をおかしてしまいました・・・

お客さんのカルテを残していくので雑用の仕事、しっかりとこなしたいと思います(次回から気を付けます)

でも見ての通り、さわやかヘアーで涼しげですね。

どんな髪型も基本は出来るそうなのでどんどん要望をお伝えください。(アフロとかパンチはやっていません!!)

カラーも多くの希望に応えられるよう、出来る限りの材料を取り揃えております。

マツエクの椅子本当に気持ちいいです。

先日私もアイブローやりましたが、リラックス出来ます。

最後にやはり男だけの写真はPV落ちるの怖いのでモデルさんの素敵な1枚ものっけちゃいます(笑)

定期的に来てくださるので、会えればラッキーですね!

 


2021-06-12 09:06:26

おはようございます!ファースト不動産販売の村岡です。

ご職業は何をされているんですか?という質問、皆さん1度はされた方が多いと思います。
自分は来年からITエンジニアなので本日はITエンジニアというご職業についてご紹介したいと思います。
実はITエンジニアとひとくちに言ってもかなり範囲の広い職業なのです。エンジニアとはエンジニアリング(工学)の専門家と定義されています。
ざっくり言うと、その中でも情報工学に基づくシステムの専門家をITエンジニアといいます。

システムの設計・開発、保守・運用...。システム等に関して幅広い知識を持っているのがエンジニアというわけです。

大きいシステムを一人ですべて企画から保守まで行うのは無理があるので
企業のエンジニアはチームを組んで仕事をしています。

エンジニア、プログラマー、デザイナーetc...
開発するシステムによって必要な人材は違いますが「一人で黙々とやる仕事」ではないのです。

昨今では日本のエンジニア不足問題がささやかれています。
エンジニア人口はここ10年で30万人増加していますが、エンジニアのニーズは
エンジニア人口増加よりも急速に高まっています。


(画像:総務省)

原因として挙げられるのは、
・日本企業のITに関する知識不足によるIT人材に対する賃金の低さ
・日本のIT市場の急成長
・技術の変遷の速さ

大まかに上記3つが大きな理由だと思います。

まず上2つ、完全な矛盾ですよね。
市場は大きくなる一方で見合った対価をしっかり払う企業が日本には少ない。

最近は、福利厚生や賃金の格上げを大幅に行う企業も増えていますが
まだまだ一部の話。

技術変遷の速さですが、IT技術は日々進化して細分化されて言っています。
その中で知識や技術を追いながら習得していかなければならないのですが
如何せん1年前は使えたものが今はもう使えない、なんてものが普通にあるので
教育機関や企業がエンジニア育成のために教育を施す必要があるわけです。

優秀な人材は海外に流れますし、労働力は減る一方でどうやって人材を確保していくか
企業にとっては難しい問題になってくると思います。

自分も今後どうなっていくかはわかりませんが頑張っていきたいと思います!

ファースト不動産販売の村岡でした。


1/1ページ